おすすめのメモ帳アプリに記憶を自動保存する方法

メモ帳アプリって偉大ってこれほど偉大なことってないですよね。

どうも、こんにちは。中村です。

今回は、メモ帳アプリに関する記事を投稿させていただきます。

なぜこんな、たかがメモ帳ごときのアプリを記事にして投稿しようかと思ったのかといいますと。

多分自分みたいにメモ帳アプリを変態的に使っている人はいないと思ったからです。

そこで今回は、そんなおすすめのメモ帳アプリで自分の業務での記憶を”自動保存”するかごとく。

徹底的に効率化するように使う方法をお教えしていきましょう!

メモ帳アプリはクラウド形式がおすすめ

PCとスマホを使ってお仕事をしている人も多いのではないでしょうか?

そんなメモ帳は何かを書き留めるためには欠かせない存在です。

なので、私的には。

いつでもどこでもメモできる環境でなければ意味がないと思っています。

それは、たとえこの身が朽ち果てようとも、見るものすべてを笑顔に変える存在でなけれなならないのです。

ちょっと意味が不明なのですが。

要はいつでもどこでもメモできる状態に尽きるというわけです。

つまりメモ帳はどんな操作環境(PC or スマホ)でいつでもメモを取ることができる情報がほしいわけです。

そんな私はメモ帳はLINEを使っています。

LINEであればさすがにどんな方でもスマホにインストールされていると思います。

ですが、LINEってメモ帳の機能なんかあったっけ?とお思いのはずです。

なので私の場合は、”メモ”というルームを自分で勝手に作ってこのように自分のわかるような内容で良いので書いていきます。

こちらはPC版の画像

こちらはスマホ版の画像(Android)

これでいつでもどこでもメモ帳を見たり、書いたりする環境をすぐに立てることができます。

メモ帳アプリに思いついたことを短く端的に書く

また、上の画像にあるとおりメモ帳に書く文章というのは長いものはあまりよくありません。

長いと見返さないからです。

あくまで、直感的に自分のわかる一文をぽっと書く感じです。

リマインダーと使い方は近いのですが、要は思い出す”きっかけ”を逃さないようにするものです。

ここに貯まるアイデアは良いもの悪いものは今は置いておいて、

“とりあえず”書いておくためのもの。

良いか悪いかの判断は、アトで決めれば良いのです。

iPhoneはリマインダーひとつで完了!

また、iPhoneを持っている方は本当に羨ましく思います。

iPhone・iPad専用アプリにの一つに、「リマインダー」という機能があるのはご存知ですか?

このアプリは最強といえるでしょう。

今日の業務、明日の業務でやらなければならないことを思い出した瞬間にリマインダーを登録させるのです。

このリマインダーの良さは何と言っても、”やる日時”を記入しなければメモの登録すらできないところです。

つまり、「リマインダーに設定した日時になったら絶対にやる。」という自分のなかの暗黙のルールさえ決めてしまえば・・・

「その作業をやらないまま終わってしまった」

なんていう結果は激減してしまうのです。

あなたがiPhoneを所有している方であれば是非ともこの有効はアプリを使ってみてくださいね!

面白かったらシェアお願いします!↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です